読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・トー

読書とか、日常の中で感じたこととか、空想とか

ムジナ

メディア コンテンツ、コンテナ、コンベア… メディアはそのように分けることが出来ると前に聞いた。 もうすでに、それらは分離を始めているように思うが、 コンテンツを考えた時に、 情報を集める(対象に対する情報を統合する)、記事を書く(動画を編集す…

インプットについて

響く言葉 響く言葉… どんな言葉が、自分に響いてきたかを考えた時に、 その時におかれている状況や心情によって、変わると思う。 言葉、というのは、ただ言葉の意味が理解出来たという時と、 言葉から、立体的に、色々なものが浮かんでくることもある。 時に…

コトバ

宮沢賢治のコトバ 文学の凄さを僕は感じることができない 文学的であるとか、国語の試験とか、 よくわからない。 でも、表現や描写の凄さ、想像させることの破壊力、というのは感じることがある宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』クーボー大博士が講義して…

虚ろな言葉

虚ろな言葉 虚ろな言葉が好きだった シュミラークル ポストモダン シニフィアンとシニフィエ 虚ろさにカッコ良さを見出すのは今風じゃない? いや、80年代的カッコよさ! サイバーパンク! ハイパーリンク! ビョーク ビョークが好き! ビョークのよさと言…

=today()

空白を埋める 空白を埋めるという言葉に、ググッときた。 こんな感じで、なんだかよくわからないけど、ググッとくる言葉がたまにある。 なんだかわからないけど、使ってみたくなる。 会話において、感情や描写を行う場合は、空白を埋めないほうがいい、 逆に…

座右の銘

僕は、世界を昨日より少しだけより良くするという言葉が好きで、座右の銘にしている。 これは、初めて、マイケルジャクソンのヒール・ザ・ワールドという曲を始めに聞いた時、 感動して、そこから引用した。 …と言っても、完全な訳ではなく、僕個人的な意訳…

心象スケッチというネーミングについて

ネーミング… 名付けるということのパワーを、 僕は、ソシュールという言語学者の考え方から学んだ。 元々、僕は、名付けることによって分類するんだろというぐらいにしか考えていなかった。 しかし、ソシュールが言っているのは、 名前を付けた結果、その名…

text

TEXTであることが素晴らしい テクスト、テキスト 文語体などは美しくて好き 「ちいさな」ではなく、 「ちひさな」 オノマトペも好き 「ぼおっとする」じゃなくて、 「ぼぅっとする」 漢字の使い方とか 「大きな」ではなく、 「巨きな」 言葉にならない表現を…

今日の教訓

教訓1 考えれば考えるほどおかしくなっていく場合は、出発地点や大前提が間違っている場合が多い。昨日、結果としてはどうでもいい事(仕事)で一時間以上悩んでしまった。 教訓1.1 答えのない問題を解き続けるな。大切なことは、答えのない問題であると気付…