読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・トー

読書とか、日常の中で感じたこととか、空想とか

インプットについて

コトバ

響く言葉

響く言葉…
どんな言葉が、自分に響いてきたかを考えた時に、
その時におかれている状況や心情によって、変わると思う。
言葉、というのは、ただ言葉の意味が理解出来たという時と、
言葉から、立体的に、色々なものが浮かんでくることもある。
時には、過去の出来事や匂いや、関連する事など、
本当に様々…爆発するように浮かんでくることもある。

幸せであることが大切…と言われたときに、
そんなのあたりまえじゃん!や、
個人の幸せだけ追求すると危ないよ!とか、
色々な反応が、考えられますが、
例えば、自分が、自分探しや人間関係に悩んだ後、
色々あって、考えた結果、聞くと、
その通りだ!と思う。
それは、自分の事とリンクさせてその言葉を理解することが出来たから。

昔、ある人から言われた。
色々、考えたいと思っているのであれば、まず自らに引き付けて、
物事を考えないと、いけないよ。
そのある人は、自殺対策で有名な方で、
自殺について、学生の時にインタビューをしに行かせてもらったのだが、
その後、自らと自殺というテーマで、みんなで語り合い、
話し合いは、みんな感情的になり大変だったけど、
凄く遠いように思えた、自殺というテーマが、
しっかりと考えないといけない、大切なテーマへと変わった。

自殺…という単語…。
少子化問題とか、殺人、様々な事件や、ニュースで取り上げられる単語の中に埋没した単なる一つのテーマから、
心に響いてくる、印象的な単語へと変わった。

アランの『幸福論』という本がある。
初めて読んだとき、涙が出るくらい感動した。
それは、大学生の時、サークルでの人間関係に悩んで、悩んで、
しばらくアパートから出れなくなったり、哲学書を読んだりして、
悩み切った後、読んだから、
そこに、自分が悩んだ末発見したことが、すでに書いてある!と思った。
だから、今読んでも、同じだけの感動はないけれども、
今でも、自分にとって大切なことが書いてある大事な本です。
多分、悩む前に読んでいたら、ほとんど何も感じなかったと思う。

先日、研修の中で、ミッションステートメントを立てるという事をした。
ミッションステートメントとは、人生における理念みたいなものですが、
その中に、“常に学ぶ”という事を入れた。
説明文として、ブラックホールのようにすべてを吸収する…と書いた。僕の意気込みである。
吸収する事、学ぶことも、上記のような受け取り方の問題で、
1から、0.5しか学ばない事もあるし、100学べることもあるかもしれない。
感性や思考、感覚を前回にして、全力で学びたいと思っている。

インプットが足りない

インプットが足りない
インプットが足りない
でも
記憶力がない
感性には少し自信がある
だから
掴み取ったものは
直ちに外部記憶装置へと
記録せよ

ミッションステートメントを作る上で参考にしたもの

“生徒諸君に寄せる”の、

新たな詩人よ
嵐から雲から光から
新たな透明なエネルギーを得て
人と地球にとるべき形を暗示せよ

新たな時代のマルクス
これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴しく美しい構成に変へよ

諸君はこの颯爽たる
諸君の未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じないのか

宮沢賢治の、衝動、感覚、感性が、ヒリヒリと伝わってくる文章だと、僕は感じる。
最近、何度も読んでいる。
何かしないといけない!という衝動を、何度読んでも分け与えてくれる。
言葉の力を信じたい!と心から思うけど、
僕にとって、言葉の力…という、言葉の響きと等価と思えるほどの作家は、
今の所、宮沢賢治以外いないと思う。