シン・トー

読書とか、日常の中で感じたこととか、空想とか

ロック

最近のロックミュージックには、いまいち魅力を感じない!
というと、オッサンか!と言われそうだけれど、
おっさんには間違い無いのだけれど、ロックに魅力がなくなってしまったのは間違いなくて、
でも、それは、ロックが変わったのか、
環境が変化したのかはよく分からない。
The Cooper Temple Clauseというとっくに解散したバンドの、最後のアルバムを購入していなかった。

これなんだけど、この前のアルバムまで購入していて、
ちなみにこの前のアルバムが2002年の発売で、このアルバムが2007年の発売で、
ボクはきっと、この間に、ロック熱が冷めてしまったんだと思う。
今更ながら、この最後のアルバムを購入して、あまりにかっこよくて、狂ったように聞いている。
ボクは、BGMとして音楽を聴くというのは、ほぼ出来なくて、
聴くときは、何度もなんども、狂ったように聴く。
同じ曲を聴くし、なんなら、曲の一部分に、愛着とも陶酔ともいえる、
感情を抱き繰り返し聴く。
この感情が伝わったことはないけれども、
同じような趣向を持った同志はいる。
願わくば、同じような狂乱を演出できるミュージシャンが出てくることを願う。
別にロックじゃなくともかまわない。
これは、狂乱であって、バックサイドミュージック出会ってはならない。
基準はボクでしかないし、言葉で説明できるものもないから、難しいんだけどね。
試しに、狂乱の音楽を貼ってみる。この人たちは、本当には、狂いきっていない。
なぜなら、まだ生き残っているから。
音楽は、狂乱だ、
狂ってる

生き残っていない人で、好きになったのは、例えば、
ジョイディビジョン

Joy Division - She's Lost Control (Live At Something Else Show) [Remastered] [HD]