シン・トー

読書とか、日常の中で感じたこととか、空想とか

レイヤー



雲や地形は想像力を掻き立てる
立体的な雲
雲の層と雲の層の狭間
水蒸気がソフトフォーカスをかける
湿度が低いと逆に目に刺さるようなクッキリした景色
青、蒼、緑、白、透明
光、影、透過光、反射光、散乱光

スターアライアンスゴールド

先日、海外に行った時に、一緒に行った人が、スターアライアンスゴールド…というステータスを持っていた。
別の入り口から入れたり、ラウンジ使えたり、
しかも、1年間で頑張ってそのステータスを取ると、それ以降ずっと有効らしい。
こんな位の違いが現代に存在していたなんて…
ANAのプレミアポイントを貯める必要があり、5万ポイントというとんでもないポイント数なのですが、
自分の今のポイントを見ると、2万8000ポイント…いけるかも…
ということで、頑張ってクリアしたいと思います。
しょうがないな…海外行くか(笑)
f:id:post_kiyo:20170814171927j:plain

海の味

海の水の塩辛さはどこも変わらないのだと思っていた。
しかし、全然違うのだな〜
日本の海がこんなに塩辛いのだとは思っていなかった。

実践しよう!

勉強する事が大切です。実践する事が大切です。
僕はどうやら、勉強する事を重視してしまう傾向があります。
実践しないと意味がない。
その前提として、圧倒的な知識を入れましょう!
目標達成のために、圧倒的に勉強しましょう!

タイプ

昨年、MBTIというタイプ別性格診断を受けました。
インターネットで調べると、色々と公式でない診断基準が出ていますが、
実際は、診断した後にも、自分の生来のタイプに近づける実習があったり、結構お金がかかったり…よ
僕は、INTPというタイプで、一言で言えばロジカル…らしいです。
しかし、結局は初めに診断されたタイプと同じものに落ち着きましたが、
途中で、かなりブレました。
それは自分自身のポリシーとして、自分自身のキャラクターを決めつけない事というのを中心に置いているからだと思います。
講師の人に、自分タイプ以外の機能をよく使っていると言われました。
もっと違う自分になりたい。
まだまだ、自分をぶっこわせてない。
自分としての、かっこよく立ち尽くすを、崩せてない。

地元

今治で生まれて、
いや、性格に言えば、生まれたのは、愛媛県西条市の病院なんだけど、
今治の飲み屋街で3歳まで、
今治の小学校、
松山の中学校、高校、
埼玉の大学学部、サークルは東京の本校、
2年余りを東京の会社、
今治に戻ってきて、6年あまり、
そして、今年から、今治のある地区の地域おこしのような事業に仕事で関わる事になる。
こんな僕でいいのか…
ただ言えることは、今治も好きだ。
無償の愛ではないかもしれない。
でも、自分以上に、今、考えている人はいない…というくらいまで考えることは、
容易だと思う。
それくらい、みんな浅い…。

感情

文章を書いていると、なぜか感情が出てきてしまう。
だから、読み返すのは恥ずかしい。
まあいい、書き直さない。

LDRの消失

LDR終了について

f:id:post_kiyo:20170724215858p:plain
Livedoor Readerしかないと思っっていた。
Feedpath無き今!
RSSリーダーの時代も終わったか…
ブログを一気に斜め読みする装置がまた一つなくなった…
こんなかっこいいRSSリーダーがなくなっていいの?
Livedoor Readerから、Live Dwango Readerへ変わって、続いていくと思っていたのに…
これからだと思ったのに…
もう終了?
泣きそう。
Blogも終わりなの?
終わらないで!文章を書く意味、ぼくはブログに救われたのだから…
アルファブロガーは残っていくでしょう〜
大事なのはすそ野がある事!
僕みたいなクソみたいなクズな文書を垂れ流すことを許してくれる文化!
どうか、続いてください。
僕は、とりあえず、虫けらみたいに見られても、続けます。

続き

堆積

美しさだけを表現したくない
汚さ
下に溜まった
汚いけれども
美しい
この風景
何万年も太古
降り積もったこの

汚いけれども
ひとつも同じものがない
この風景

ファンクション

ファンクションキーを
押し忘れた
音楽が止まった
世界が止まった
世界はキーつで
止まるしうごく
カシャッ!

美しく黄色い光
くすんだ光!
降り注ぐ光
18年もののウイスキー
水で薄めて
光で透過した光
美しい18年の光
美しくアンバーな
時間を感じる光

見られたい

見られたい
見られたくない
見られたい
見られたくない
わかるでしょ
この気持ち
見られたいけど見られたくない
でも見て欲しい

musica

音楽は
空間を演出する
広がるこの空間
イヤホンを
入れたこの瞬間
世界が広がった
僕は何処にでも
行ける
イスラムにでも
東南アジアでも
目を閉じた瞬間
日本にはいない
大いなる陶酔に

キューバ

錆びついた音楽
キューバ音楽は
其れが鳴った時
ワープのように
キューバに誘う
一瞬にして誘う
あの肉料理の味
あの演奏の感じ
カリブ海の荒波
クラシックカー
錆びついた世界
錆付いた極彩色

ドウデモイイ

どうでもいい!
どうでもいい?
すべて
すべて!
すべてを動かせる
すべてはどうでもいい
ふたつは等価

陶酔

陶酔なんだ
なんだ
なんでもいいんだ
ぼくは
嗚呼よかった
よかったと思えること
酔っ払っている自分を許せること

なんでもいいと思っていたけど、なんでもいいことを、
どうでもいいと思っているけれども、どうでもいいことを、
書き連ねて、許されること。
だらだらと書けることの喜びを噛み締めながら、
すべてを受け入れてくれる人がいること。
こんな駄文を読んでくれる人が、3、4人ぐらいいることを喜びつつ、
ありがとう!

だらだらと久々の更新

だらだらと、だらだらとしていて、こんなんでいいのか?と思う。
休日の過ごし方としては、あんまり楽しめていない。
寝すぎて、首が痛い。
一方、仕事では、色々とできて楽しい。
大学の教授等と話したり、
新しい、プロジェクト始動のために、職員に対してプレゼンしたり。
職員との日報でやりとり始めたり。
そのために、個人でパソコン買った。
パソコンというか、Macbook12インチですが…
Surfaceを購入しようか迷ったのですが、マックユーザーとして躊躇してしまった。
新しい物好きとしては、Macbookよりも、Surfae Proの方が心惹かれるのですが、
しかも、ほとんどのプライオリティーはWindows10になって、無くなったと聞いてはいるのですが、
やはり、文字の美しさは、Windowsが長いと、気にならないのだと思うのだけれど、
Macが長いと、気になる…(仕事ではWindowsなので)。
Appleについては、もういいや、と思う部分と、使い続けようと思う部分、両立している。
Macについては、まだ使い続けたいと思う。
iPhoneについては、他のスマホに変えてもいいかな〜と思いつつある。
6では少し見放して、7では、見た目でちょっと見直して、8で革新がなければ、
多分乗り換えると思う。

中高の同級生が、アフリカのザンビアで活躍しているという事を、
最近知った。
テレビに出て、先日講演会が地元で開かれた。
一緒に飲んで、勢いで、ザンビアに行く!と言った。
という事で、1年以内には、ザンビアに行きたいと思う。
勢いというのは、大切だと思う。
僕は、エネルギーが基本低い傾向がある。
そのため、少しでも気になった場合は、その場でYes!と言うと、自分ルールを決めている。
社交辞令はなるべく言わないと決めているので、今まで、何回か、本当に来たの?と言われた。
でも、そう言われた時も、言った人は本当に嬉しそうな感じで言ってくれたので、
また次もそうしよう!と思った。
だから、1年以内にザンビアに行きます!

happy?happy!

研究者は「幸せになりたいなら、収入を増やすよりも、よき家族や友達との関係を強める方が効果的」だと結論づけています。

幸福の習慣

幸福の習慣

これは、ハーバード大学のニコラス・A・クリスタキスのハーバード大学での研究結果によるものです。

つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

自分が幸福だと思った時、その影響は、自分から数えて3人まで影響するらしい。
自分から次の人には15%happyが伝わり、その次の人には10%伝わる。
つまり、十分、自分の幸せは、自分に返ってくる。
Happyなんて、おこがましくて言えない…
だけど、happyと言ったらhappyになるというのなら、
喜んでhappyと言おう!

オト

オト、音、爆音!
音楽と音は違う。
イヤホンから流れるこの音楽は、
音の集合体
それと時間のインテグラ
そして、その過程が音楽
しかし、その部分に神々しさを感じる事がある
神はサイコロを振らない
いや、振るんだよ!でも、その振り方に、
神々しさを感じるんだよ
振る瞬間にね!

タイプ

僕は、ただ自分に従う人間に、魅力を感じない。
僕が、多分、僕みたいな人間に、従いたいと思わないから。
だから、何か言って欲しい。
それによって、僕は成長する。
君の目の前にいる上司は、ちょっとした神ではなくて、
一生懸命マネジメントをこなすただの人間
君が発言することにより、マネジメント能力が成長する
ただの、ちっぽけな…

Alcohol

焼酎、日本酒、ウィスキー
神の水
Alcoholが本質ではない。
Alcoholによる陶酔を除いたところに本質がある。
嗚呼、この陶酔の向こう側、
本質は、この向こう側にある。
時々、その向こう側に行って、帰ってくるのだけれど、
Alcoholのせいですべて忘れいてる。

好かれたい

好かれたいという願望は、
わがままだ
みんなに好かれたい!
嫌われたくない!
嫌われたくないけど、
恋愛に発展しない。
嗚呼、変わりたい!

止まらない

止まらない、ハードルを下げると
ハードルを上げると、すぐ止まる
下げよう、
下げ続けよう、
とりあえず評価!貶しでも欲しい
受け入れるけど好かれようとせず
発信し続けたい。高尚ではないと
自らに言い聞かせる。

色褪せる

色をつけた瞬間から
色褪せていく
夜書いたこの文章も
寝れば一瞬で色褪せる
昨日はあんなに黒かったのに
次の日にはこんなにセピア色
それならば、できるだけ、言葉を尽くして
その時の感情や匂いがよみがえるようにしよう
匂いも書いておこう

ブルー

僕が表現したいのはあのブルー
このブルーじゃない!
あのブルー
あの色褪せたアッシュブルー
あんなに濃いのに
切なさを感じられる
あの、アッシュブルー

ラピスラズリ

この石の中に、世界がある
美しさと汚さと
光と陰と…
最高に綺麗な石ではない
一つ一つ違った風景
だから好きな鉱石である
必ず違う風景
ひとつひとつ

世界一長い題名その名は真実

言葉で考えるか、考えを言葉にするか

僕は人が言葉を重要視し過ぎているところを見たとき
信用できないな…と思う

アキレスと亀という、有名な話がある
アキレスという人と亀が、同じ方向を向いて走っている
アキレスは亀より後方から追いかける形になっている
もちろんアキレスは亀よりも早い
しかし、アキレスは亀には追いつけない
なぜなら、今、亀がいる場所にアキレスがたどり着いたとき、それよりも亀は進んだ地点へと進んでいる
その亀が進んだ地点へとアキレスがたどり着いたとき、それよりも亀は進んだ地点へと進んでいる
その亀が進んだ地点へとアキレスがたどり着いたとき、それよりも亀は進んだ地点へと進んでいる
これが永遠と繰り返されるため、アキレスは亀に追いつけない

この話は、アキレスと亀がずっと同じ速度で進んでいたとしたら、どんどん切り取る時間を短くして語っている
または切り取る時間が同じだとしたら、アキレスの走る速度はどんどん亀の速度に近づいていっている
どちらにせよ、言葉で発想してしまっているせいで、真実を捻じ曲げている
しかし、筋は通っているように聞こえてしまう
こういうことは、仕事においてもよく起こるし、しんどいなと思う
自分自身そいった議論をしてしまっていることもあるかもしれない
しかし、ここではそういうことを言いたいのではなく
僕が文章を書くときに、言葉で考えるのではなく、
頭の中や、感覚に立ち現れたことを表現したいな〜と思う
表現されたものは、解釈する段階で、受け取り方を強制するわけではないから、
結果は同じかもしれないが、僕は大切なのはそうするという意志であると考える

言葉遊び

しかし、上記に当てはまらないものを行うこともあり、
それを僕は言葉遊びと呼ぶ

真実に見える言葉は

オリジナルなきコピー

若いからとかどうだとか

くそったれ!
ふざけんな!